野菜の自動販売機に関するメリット

野菜の自動販売機とは?

皆さんは野菜の自動販売機を知っていますか?近年人との距離を保つソーシャルディスタンスが一般的になってから、じわじわと知名度を上げています。名前の通り飲み物ではなく野菜を専用の自動販売機で販売しています。

使い方は従来の自動販売機と同じで料金を支払って、購入したい野菜のボタンを押すと野菜が出てくるので対面せずに済みます。店舗の様にお会計のやり取りが無いので混雑の心配もありません。これまで発生していた人件費が不要なので、野菜をより安く購入出来るのも自動販売機の大きなメリットです。

当然設備費や品出しも不要なので、販売する店舗側にもうまみが多い方法です。野菜以外にもご当地グルメを販売している自動販売機もあります。

環境問題に良い影響もある

野菜の自動販売機は10~15品目、機器によっては50個以上もの野菜を保管出来るので、何度も補充する必要もありません。もちろん保冷・保温機能がついているので無人販売所よりも衛生的な状態で売買出来るのも強みです。

自動販売機の機能によっては紫外線をカットする機能がついているので、野ざらしにするよりも劣化が遅くなる特徴もあります。また24時間、365日無人で販売しているので店舗の営業時間を気にする必要はありません。

様々な顧客に野菜を販売出来るので長い目で見ればフードロス問題に良い影響を与えます。廃棄が減るとそれを処分する費用や設備を使う為の資源の節約にもなります。野菜の自動販売機は地球環境を守る事にも繋がります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る