食品ロスが与える影響

地域密着だからとにかく新鮮

スーパーに並んでいる野菜のほとんどは数日前に収穫したものを製品として並べています。また生産者と店舗の間に、卸業者などが介入しているのでどうしても中間マージンが発生しコストが上乗せとなります。

直売店は生産者から直接購入しているので、中間マージンの発生がありません。しかも買い付けしたその日に製品として出しているので新鮮な野菜を頂けます。新鮮な野菜は栄養がたっぷり入っているのも特徴です。また販売している場所によっては生産者の顔写真を公開していたり、どの様な方法で野菜を育てたのかを発信していたりします。安心して購入出来るのは直売店の大きな強みです。

市場では流通しない珍しい野菜が手に入るのも、直売店の強みです。

いくつかの種類があると知っていますか?

直売店といってもいくつか種類があり、それぞれ提供方法が異なります。最も生産者に近いといわれているのが地産地消型で、地元の野菜を地元の方に提供しています。無人販売や野菜の自動販売機もこのカテゴリに属します。

マルシェ型は生産者からやや離れた場所で提供する方法で、主に都市部で人気を得ています。インショップ型はスーパーの一角で生産者の顔写真や情報を公開した上で、野菜を提供する方法でオーガニックを前面に押し出している方から注目されています。

観光地型はSAや道の駅など、観光客の目に付く場所で地元の野菜を販売していて地産地消型に比べるとややコストが掛かります。この様に多くの手法があり、自分に合ったものを見つけるのも楽しいものです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る