自販機以外の販売方法とは?

皆さんは食品ロスという言葉を聞いた事はありますか?これは世界中に問題となっていて、簡単に言うとまだ食べられる食材を捨ててしまう事を指します。国内だけでも毎年650万トンほどの食品ロスが起きていて、これは一般家庭で毎日お茶碗1杯分のご飯が捨てられている事と同じです。

割合は飲食店や食品工場・小売店から出ている分が55%、一般家庭から出ているものが45%とほとんど半々です。単純に食材の無駄使い、有限である資源を無駄に使っている点もそうですがこれらの食品を廃棄する際に発生するメタンガスが問題視されています。メタンガスは温室効果のあると言われている二酸化炭素の25倍、空気を温める力があり気候変動の一因といわれています。このまま単の対処もしなければ、地球温暖化への拍車がかかってしまいます。

世界には毎日食事を摂れない方も大勢います。これらの方が貧困で喘いでいる中、日本では毎年650万トンもの食事が捨てられている。これを無駄と言わずにはいられません。そんな大きな問題である食品ロスですが、少しずつではありますが意識を変えて取り組んでいる事業もあります。

例えばこれまでは規格外として捨てられていた食品を、訳アリとして低価格で販売する。またはSNSなどで拡散し多くの人目に付く様に配慮する動きが広まっています。そんな中国内で着目されているのが野菜の自動販売機です。これまでありそうでなかったサービスが、注目を集めています。

食品ロスが与える影響

野菜に限らず食品はスーパーを含む店舗で購入するもの。そう思っていませんか?確かにこれらが一般的ではありますが、マルシェやインショップ型など従来の販売方法とは違った形で販売されています。 これらの方法を理解した上で賢く使い、新鮮な野菜を手に入れましょう!

野菜の自動販売機に関するメリット

対面での接触を極力避ける様になってから、私達の生活は大きく変わりました。特に食品の販売はこれまで対面で無ければならないという固定観念がありましたが、これが良い意味で払拭されました。 特に野菜の自動販売機はいつでも新鮮な野菜が購入出来るので、大きな反響を与えています。

メリットばかりではありません

多くのメリットのある野菜自動販売機ですが、全てがオールクリアという訳ではありません。 これから参入を検討している方は必ず比較しなければ、思わぬ部分でトラブルが発生するでしょう。自分に合ったサービスなのか吟味する為にも、デメリットを正しく理解する事から始めて下さい。

▲ページTOPへ戻る